プロフィール | 札幌の骨盤矯正・整体ならシンセイビビット

札幌骨盤矯正・整体シンセイビビット
  • 電話番号

    (携帯電話からおかけの際は末尾1を省いてください)

  • 診療時間

    (休診日:日曜・祝日)

アクセス

プロフィール
profile

シンセイ・ビビット68
ささもり こころ
笹林 泰忠
たかよし くろがね
鷹譽 力鐵
※改名による転換法を実験中の為、名前は時々変わります。

1963年8月生まれ 乙女座 札幌生まれ・札幌育ちです。
妻と娘の3人家族です。
子どもの頃からすでに体の歪みが大きかったので、小学校2年生の時、 「この学校中でボクが一番猫背・なで肩なのはなんでだろう?」 と思っていました。
体の歪みが大きい結果として、すぐにお腹を壊すし、体は固いし、 イメージ通りに体が動かないので、体育が苦手で運動が嫌いという 典型的なパターンの子どもでした。
(今の子どもは歪みが大きいので、本当は早いうちに改善させる方が良いと思います)
しかしこのひどく歪んだ体が、私が施術家を目指した時に、まだ一般には 理解されていない体の力学的しくみに気付くチャンスをくれたのですから、人生って面白いと思います。

性格と運命転換

性格は、いくつかの意味でクレイジーだと思います。
若い頃はハシにもボウにも引っかからない、グダグダのクレイジーで、前向きに生きていく気力はなく、普通しないだろうという自虐的なおバカなことをよくしていました。
当然の報いとして、何度も死にかけたり、痛い目に遭うのですが、転んでもタダでは起きないのも私の性格です。今回はギリギリセーフか?ギリギリアウトか?このままあの世行きか?あとは運次第という中で、「本音は無意識にある」ことや、「ギリギリの状況では無意識から筋肉に命令が出て、体がいわば勝手に危険回避する」ことや、「無意識はただの中継点で、情報の発信元はあちらの世界であろう」ことや(スイスにある山手線位の大きさの大型ハドロン加速器(LHC)の実験で、3次元と他の次元がリンクしていることが物理学的に証明されています)、「自分で何とかしようとするよりも、あちらの世界にお任せした方が結果が良い」ことや、「何とかしてもらうには、ルールがある」ことを体験していきました。
これらの体験と気付きがなければ、今回の人生はただのクズで終わっていたことは間違いないです。
スティーブ・ジョブス(アップル社創業者)が2002年のスタンフォード大学の卒業式でのスピーチで、「点と点がつながって線になり、思うがままの人生になることを信じよ」と話したことがあります。
振り返ると、点の位置が私の場合大分ズレていたことで、現在の施術につながり、さらに身体のことだけでなく、「運命転換」という次元で日々の仕事に向き合えることにもつながりました。
しかし、こうなったのは最近のことで、昔は散々でした。専門学校生の頃は、あちこちで施術を受けましたが、自分の体を楽にしてくれ、将来のビジョンをイメージさせてもらえる先生に出会うことができませんでした。(私の体の歪みがひどすぎました)逆にここまで良くならないということは、何か見落としか、勘違いや思い込みがあるのだろうから、それは自分で見つけるしかないという発想で、免許が届いてすぐ保健所へ行き、係の方に「本当に大丈夫なの?」と心配されながら、出張専門の届けを出し、開業しました。
当然ですが「経験ない」、「実績ない」、「信用ない」、「自信ない」、「お金ない」とないものだらけで、あるのは開業資金として借りた借金とハッタリだけでした。
お客様には「気合と集中力でなんとかなるはずです」と意味不明なことを言って、冷や汗と油汗をかきながら施術していると、時々無意識を通して、体のしくみや、骨盤や首の修正方法に気付いたりするのです。

何もできなかった学生の頃から、「リスクを減らし、流れを変える」という 方向性は一貫していましたから、こういう有難いことがあるのだと思います。
ですから、この方向性は続けなければなりません。
施術時間が長いのも、人数制限するのも、スタッフを使わずに施術するのも、 当店の目的が「流れを変える」であり、そこからの逆算だからです。
大多数のお客様には運命転換までは依頼されませんし、経営効率が悪くて儲からない方法を自らに課しているのは自分らしいと思いますが、ただの治療院の店主が運命転換を口にすること自体クレイジーだとは思います。 しかし、流れを変える法則が存在するのは間違いなく、その法則を利用しての 施術です。
さらにもう少し具体的に言うと、施術9回以内でお客様にとって人生初となる、0. 4mm未満の誤差内の水平・ド真ん中に頭の位置が修正されます。
(但し、青写真と大分ズレた人生を選択していたり、気付きや学びがまだ必要な お方には、ここまで精度良くは修正できない仕組みになっているようです。
技術的には可能なはずなのに、修正できない場合は、『この方は学習の機会を失う から、直してはいけない』ものと判断します) ここが大きく流れが変わる起点です。
上部頸椎の中は延髄ですから、脳幹との連動だと思います。

あと20年

今の治療スタイルだと、まともに施術できるのはあと20年位だと思います。
業界の常識を変えるとか大きなことはできませんが、数ある治療院の中から当店を選んで下さったお客様には、自分ができる最大限のことを提供したいと思っています。

ですから、私の中では、経営の効率化、治療時間の短縮、回転率などに価値はありません。
ここに関しては「バカ」を最期まで通すことで、お客様への感謝の気持ちとさせて頂きたいと思います。

  1. プロフィール